Loading

プレオ日誌

blog

レスポンシブwebデザインのメリット・デメリット

レスポンシブwebデザインのメリット・デメリット

こんにちは、フロントエンドエンジニアの岡田です。
最近じんわり暑くなってきましたね。

さて今回は、レスポンシブwebデザインについてメリット・デメリットを含めご紹介したいと思います。

レスポンシブwebデザインとは

レスポンシブwebデザインとは、PC、タブレット、スマートフォンなど異なる画面サイズでサイトを表示した際に、画面サイズに応じてレイアウト・デザインを調整するホームページ制作の手法です。

様々なレスポンシブwebデザイン

レスポンシブwebデザインで制作されたサイトを紹介しているサイトです。
PC・タブレット・スマートフォンそれぞれのレイアウトが一目で見れたり、カテゴリー分けされており数多くのサイトが紹介されています。

 

Responsive Web Design JP | 日本国内の秀逸なレスポンシブWebデザインを集めたギャラリーサイト

縦長のwebデザインギャラリー・サイトリンク集|MUUUUU.ORG

レスポンシブwebデザイン|デザインや構造の参考になるWebサイトのリンク集|Tau Magazine

レスポンシブwebデザインのメリット

レスポンシブwebデザインのメリット

HTMLファイルが同じなので管理・メンテナンスが楽になる

PCとスマートフォンで別々のファイルを作るのではなく、1ファイルで制作できるため、制作後に共通の画像変更・修正を行う場合は作業時間を短縮することができます。

コンテンツの一貫性

基本的に各デバイスで同じコンテンツを使用するため、ユーザーが混乱せず閲覧することができます。

URLを統一できる

URLを統一しておくことで、1つのページに情報がまとまっているのでユーザーが簡単にコンテンツを共有・閲覧できます。

レスポンシブwebデザインのデメリット

レスポンシブwebデザインのデメリット

通常より工数がかかる

PC、タブレット、スマートフォンと多くのデバイスに対応させるため、切り替えるレイアウトごとに複数のデザインを制作したり、PCだけのページより構築が複雑になったり、各デバイスでチェック作業が必要になったりと、通常より工数がかかります。

場合によってはサイトが重くなる

PCとスマートフォンで同じファイルを読み込むため、PC用にサイズの大きい画像を使用していた場合、スマートフォンでも同じサイズの画像を読み込むことになります。
そのため、サイズの大きい画像を複数使用している場合、スマートフォンでのサイト表示が遅くなってしまう場合があります。

今回はレスポンシブwebデザインについてご紹介しました。
制作するサイトの内容やユーザーの利用状況によっては、レスポンシブwebデザインよりもPCとスマートフォンでサイトを分けて制作したほうがいい場合もあります。

まず設計段階でそのサイトにレスポンシブwebデザインが最適なのか、しっかりと検討し制作していきましょう!

岡田 梓

この記事を書いた仲間

岡田 梓 フロントエンドエンジニア

ご質問などお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

096-312-3430

月〜金曜日(祝日除く) 9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム >

デザイン相談会
デザイン相談会を行っています。毎週月曜開催・予約制

これから開業する方はもちろん、事業主の方も大歓迎です。デザインやWEBサイト、ブランディングなどについて今現在お困りのことがあればお気軽にご相談ください。プレオデザインでお役に立てることがあれば嬉しいです。

相談会に申し込む >

TOPへ戻る