Loading

プレオ日誌

blog

会社のブランドイメージを再構築する5つのステップ

ブランディング記事のアイキャッチ画像

1月も気付けば3分の2が過ぎていました。
先週は昨年からチャレンジしていたセミナーコンテストの全国大会へ出場するために京都へ行き、翌週は自身の学びの為に東京へ。
とにかく慌ただしい日々がちょっと一段落したので久しぶりのブログを更新。
自分が更新しないとスタッフが更新しな…(ry

さて今日は会社のブランドイメージを再構築する5つのステップをご紹介します。

会社のイメージ、きちんと伝わっていますか?

「実は経営理念もありませんでした」

 

最近ブランディングのお手伝いをしている企業の社長さんのお言葉です。

 

起業から今まで脇目も振らず突っ走ってきた日々。
紆余曲折ありながらも順調に事業も成長してきた。
しかし忙しい日常に追われ気が付けば会社の核となる経営理念もビジョンもミッションも、何一つ明文化せず事業を進めてきた。
社員は自分の事業に対する想いをきちんと理解してくれているのだろうか…
世間はうちの事をどう見ているのだろう…
そろそろ会社としてきちんとする必要があるのではないか…

 

こういう方意外に多いのではないでしょうか?

 

ブランディング不在が招くデメリット

事業を行う上でブランディングを意識しない事によるデメリットは過去記事「ブランディング不在が招く7つのマイナス要素」で述べた通り、これだけの損失が生まれているかも知れません。

 

・ビジネスの深掘りができない
・競合との識別・差別化ができない
・付加価値が創出されない
・顧客の不安を払拭できない
・価格競争に巻き込まれてしまう
・社内の意識統一ができない
・採用活動に苦労する

 

逆にブランディングを見直していくと

 

・ビジネスの深掘りができて
・競合と比較される事なく選ばれ
・高い付加価値を生みだし
・顧客を不安にさせる事がなく
・思い通りの価格設定で
・社員が同じマインドで業務に取り組み
・求人が集まるので理想の社員を採用できる

 

といったメリットが期待出来るのです。
見直さない選択肢はないですね。

ブランディング=成長の鍵

その中でも特に重要なのがこの3つ。

 

・競合と比較される事なく選ばれ
・高付加価値を生み出し
・求人が集まるので理想の社員を採用できる

 

【競合と比較される事なく選ばれる】

ブランディングが確立していて顧客がファンになっている状態では他社に比較される事なく選んでもらえます。それはAppleのファンはどんなにAndroidで良いスマホが出てもiPhone以外に選択肢がないのと同じ事です。そしてそれは一度だけではなく、何の苦労もせず何度もリピートしてくれるのです。

 

【高付加価値を生み出す】

ブランディングが確立している状態は競合商品よりも顧客にとって付加価値が高い状態にあると言えます。機能的な価値だけではなく顧客にとっての商品体験や情緒的価値に魅力を感じてファンになり、それが引いてはブランディングに繋がっていくからです。そうなると価格競争とは別の次元で戦う事ができ、利益率も改善していきます。

 

【求人が集まるので理想の社員を採用できる】

ビジネスは人こそすべてです。
ブランディングが確立していると自然と人が集まるようになり、採用に困ることがありません。求人が集まらない中で頭数の為だけに採用を行うのではなく、十分に集まった求人の中から会社を成長させてくれる優秀な人材を選ぶ事ができるのです。

 

競合といつも比較され結局価格競争に巻き込まれてしまう、利益率が低い、求人が集まらない、そんな状態に陥らない為にもブランディングは必須の事業戦略なのです。

企業ブランドを再構築する5つのステップ

では具体的にどうやって会社のブランドを再構築するのか?
弊社では次の5つのステップで進めていきます。

 

Step1:再構築フェーズ

 

・現状の確認
・リソースの棚卸し
・競合の調査
・ポジションの確認
・ターゲティング
・パーソナリティの策定
・ブランドアイデンティティの策定

 

Step2:制作フェーズ

 

・ロゴのリデザイン
・グラフィックのルール策定

 

Step3:伝達フェーズ

 

・ブランドブックの作成
・インナーブランディング(社員への浸透)

 

Step4:強化フェーズ

 

・4P/4C改善・再構築
・ブランドジャーニーマップの作成
・ブランドストーリーボードの作成

 

Step5:定着フェーズ

 

・その他営業ツールの見直し
・内製物の見直し

 

特にこの中で重要になってくるのが「Step3:伝達フェーズ」です。
どれだけ経営側でブランディングを考えてもユーザーと直接接する事の多い社員に浸透しなければ、それが対外的に発信される事はなく全く無意味だからです。ブランディングは上からの押しつけではなく会社全体で共有しなければいけません。社員さんから意見を出してもらう為にワークショップを行ったり、会社の歴史をスライドやムービーにしたブランドアイデンティティのお披露目会を行ったり、完成したブランドのルールを冊子にして社員に配ったり、一人ひとりに自分事として感じてもらう工夫が必要です。

 

さてこの「企業ブランドを再構築する5つのステップ」を今後コンサルティングのメニューとしてサービス展開する事にしました。
Step1〜4までの各フェーズを1ヶ月で進めていき、Step5に関しては状況に応じて内製物を毎月定額代行しブランドイメージを守っていくサービスになります。

 

今回お試しとして限定1社のみ、最初の「Step1:再構築フェーズ」を半額にて提供致します。
そろそろブランドイメージを見直して事業の更なる成長を臨んでいる方、ぜひお気軽にご相談ください。全力でサポート致します。

ご質問などお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

096-312-3430

月〜金曜日(祝日除く) 9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム >

ブランディングを学ぶメルマガ
ブランディングを学ぶメルマガ代表古庄が配信・無料

競合との差別化、単価アップ、優秀な人材の確保などが実現できるブランディングの手法をメルマガでお届けします。

詳しくはこちら >

TOPへ戻る